きょうはコレ食べたヨ!コレ読んだヨ!

食べたもの、読んだ本の備忘録

ナラタージュ

ナラタージュ (角川文庫)

ナラタージュ (角川文庫)

これも古本屋の店主である友人に教えられた一冊。
彼は
島本理生ナラタージュ』は良いよ。ミステリ的におもしろい恋愛小説。恋愛物としてどうかというのは忘れたけど」
という言い方をしていたけれど、この作品のどこがミステリ的なのかは正直最後まで判らなかった。

ただ、この筆力が若干20代の女の子のものだと言うことに衝撃を受けたねぇ。
若書きっていうレベルじゃないよね。
構成力や、ぐいぐい引き込む力強さ、いやあ、もう天賦の才能ってのはあるんだなぁと、ものすごくショックを受けた一冊。

それにしてもこうして新しい世界と向き合える喜びは何ものにも替えがたいものがあるね。